万年筆で書く
日々見て、ふれて、感じたことを、ウソのつけない筆記具で。since 2007.Feb.
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2015/12/30(Wed) 09:37  2015年
2015年

大病を患い、
ひと夏の間に二度の入院、そして手術。
退院後数ヶ月が経ちましたが、
現在までこれといった回復はなく、
またしても人生が大きく曲がってしまいました。
しかし、それでもたくさん笑ってこられたのは、
気にかけていただき
支えていただいた多くの方々のおかげです。
人生で最も多く「ありがとう」を口にした一年。
2015年はそんな年になりました。

相変わらず厄介な日々を過ごしています。
術後、集中して受けられるリハビリテーションの期間も今月で終わり、
2016年はリハビリの受診回数は減ります。
その期間も過ぎてしまうと身体障害者認定が待っているので
しぶとく続けていくつもりです。

さて、年末ということで改めてご挨拶。
入院中、不在の店に毎日のように通っていただき、
店の灯を守っていただいたご常連の皆様に感謝申し上げます。
こちらの不調に気がつかないお客様も多い中、
鋭く感じていただき、ご心配をいただいた皆様も、ありがとうございました。
今日の時点で頑張って書いた文字がこちらです。
これが今のわたくしです。

2016年に起こってくれるであろう奇跡を信じてもう少し戦います。

そして、この記事にはまだまだ続きがあるのですが、
それは、書くべき時がきたら追記します。

(以上、2015年12月30日、止。)

スポンサーサイト
▼ 万年筆で書きました | CM:1 | TB:0| edit
2015/04/12(Sun) 21:43  ジタバタしています その2
ジタバタしています その2
これはね、使うために買ったものではないのですよ。
「モレスキン ポケット 限定スターウォーズ」。
でも握力がたよりなくなって
こんな文字しか書けなくなったいまになって
つい、封を切ってしまいました。
楽しかった出来事だけを記していこうと思っています。
手書き、マジで一苦労なんですがね。
ってなわけで、人生ジタバタしています。

2011年9月に発売された
「Moleskine Limited Edition Star Wars Ruled Pocket (Limited Editions)」
モレスキンポケット

冒頭4ページは目次として割り当てます。
SHINYの「MINI DATE PRINTER」で日付をスタンプ。
チープな作りですが英字表記で気に入ってます。
モレスキン

さて、こんなブログをやっているので
筆記具はボールペンじゃなくて万年筆を使えばいいのに、
と思いますよね。
ワタクシもね、そう思うわけですよ。
でも残念なことにモレスキンの紙はインクが裏写りするのです。
そこでペン探しが始まりました。
とはいえ、
握力があやふやで細いペンを握ることが出来ないので太さが必要。
ってことで思いついたのが4色ボールペン。
ツイッターでも繋がっているペン友達のテンラ君(@tenra77)から、
「LAMY2000」の4色ボールペンや
野原工芸さんのハンドメイド木製ボールペンを薦めていただきましたので、
仕事の合間に新宿の伊東屋に試し書きに出かけました。
野原工芸製は見当たらず、ラミーを手に取りましたがちょっと細くて断念。
結局あれこれ書きまくって「三菱uni ピュアモルト4&1」にしました。
黒・赤・青・緑の4色はジェットストリームインクで、
0.5ミリのシャープペンも備わっています。
たった1本でこれだけ多彩なので文句はありません。
ただねぇ、こんなに太くてもグリップ力がないので文字がよれよれに。
グリップ部分にゴムでも巻こうかな、と考えちゃいますよ。
▼ 万年筆で書きました | CM:0 | TB:0| edit
2015/04/12(Sun) 21:39  ジタバタしています その1
ジタバタしています その1
サラリーマンを辞めた時には
もう縁遠くなるんだろうなぁ…
と思っていたネクタイですが、
手指のコントロールが不自由になったいま、
またタイドアップスタイルを楽しんでいます。
締めるのマジで一苦労なんですがね。
ってなわけで、人生ジタバタしています。

斜子織りか洗いざらし綿のシャツに横ストライプのニットタイ。
ビジネスではなく遊びのファッションなので
こんな組み合わせが気に入ってます。
ネクタイ1

でも、競馬場に行くときはまた別のお気に入りがあります。
「第74回日本ダービー」の記念ネクタイです。
ウォッカが牝馬として64年ぶりにダービーを制した年です。
大好きな馬の思い出を締めて出かけるのも楽しいものです。
ネクタイ2
▼ 万年筆で書きました | CM:0 | TB:0| edit
2015/02/25(Wed) 00:32  おおきくなったら
おおきくなったら
ぼくは大きくなったら
カメラマンになってみたい。
ガイコクへいって
もうじゅうのしゃしんにとて
日本へかえってくるんだ。
小学校1年の作文
これ、小学一年生の時の作文です。
余白を大胆なイラストで埋めるというクリエイティブ(笑)

閑話休題。
オレの親父は自宅で仕事をする写真系の印刷職人でした。
だから我が家には、
日本や世界の人や風景を写した美しい印刷物がたくさんあり、
笑ったり驚いたり不思議がったりして育ってきたのです。
それらはテレビと同じように
世界のあちこちやあらゆる時代に連れて行ってくれました。
そんな印刷物の試し刷り用紙の裏、白紙の面はオレの遊び場です。
家で一人で遊ぶことが多い子供だったので、
真っ白を埋めつくすように、
あらゆる妄想を色鉛筆でそこに描きました。
でも、小学生になり身体検査で色弱であることが判ると、
親父は「お前は目が悪いから写真はできないよ」と。
これからの『カラー写真の時代』に対応できないと思ったのでしょう。
ありがたい助言ではありましたが、とても悲しかったです。
その頃から色鉛筆は減らず、絵も描かず、
いま記憶を辿ってもどんな遊びをしていたのか思い出せない日々が…。
そして数十年。
オレはひたすら写真から遠ざかり、
レンズを向けられても「写されんの苦手なんだ」と構図の外に逃げてばかり。
そうやって大人にまでなってしまったのですが、
ある日偶然、
手の中に落ちるようにやってきた一台のデジカメから再び思いはあふれました。
そして「ダメならダメなりだよ、だからもう離さないよ」と思い、
やっとカメラを友達にすることが出来たのです。

アホだよねぇ。
もっと前に手をのばせば良かったのに、ホント頑固って邪魔だね。
でも、そうこうしているうちに、
今度はなんだか面倒な病気になっちゃって、
一眼レフをちゃんと構えることが出来ないときたもんだ。
一瞬さぁ「またいなくなっちゃうのかよ」と心が捻じれたんだ、正直言うと。
でもさ、軽いコンパクトカメラだっていいんだ。
オレが撮りたいものはそれでも十分に写すことができるから。
小さい分だけ、今まで以上にゲリラ的なスナップが撮りやすくなるだろうしね。
大体こんなチンピラが道具を選ぶなんて生意気だし、カッコ悪いじゃないか。
実際、そういう生き方でここまで来たわけじゃないんだし、
ガンガン撮りまくっちゃいますよ。
まくるんですよ、ええ。これからもね。
D300とP300
▼ 万年筆で書きました | CM:0 | TB:0| edit
2014/12/23(Tue) 18:46  倒して、さらに引き起こす。
倒して、さらに引き起こす。
十数年着ている愛用のピーコートが
内ポケット部分が擦れて色褪せてしまった。
もちろん襟や肩なども同様にダメージがある。
そこで、このままボロボロになるのも忍びないと思い、
某ファッションメーカーの方々に泣きつきました。
そして、インキングという部分的染め直し補修を
手配いただきまして、見事に復活であります。
ご尽力いただいた皆様どうもありがとうございました。
わたくし、気に入った服は着倒します。
倒したあとになお引き起こして再び纏うタイプなので
またお世話になることがあるかも知れません。

こちらは後日談。
補修料金をお支払いして、お礼をお送りしようという際、
「代金の請求書をお送りください」と申し出たところ、
「メリークリスマス」とお返事をいただきました。
大好きですよ、もう。
慌ただしい年の瀬にわがまま聞いていただいてありがとうございました。

蛇足。
それにしても、なんと下手くそな文字なんだ。
しかしこれが今日の精一杯なのです。
不自由って、不自由だなぁ。
Pコート修復前
コート補修前 「あな悲し」

Pコート修復後
コート復活後 「いと嬉し」
▼ 万年筆で書きました | CM:0 | TB:0| edit
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。