万年筆で書く
日々見て、ふれて、感じたことを、ウソのつけない筆記具で。since 2007.Feb.
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2009/05/28(Thu) 09:18  そば屋にクギヅケ
そば屋にクギヅケ
入ってみたいと思わせる「そば屋」の外観。
その条件の一つは「角に建っていること」です。
交差点の一角、小さな露地への入口、
角であれば規模の大小は問いません。
正面と左右どちらかの面が見えているのがいい。
そんなナナメ45度の姿に「オッ!」と思ってしまうのです。
商店街などで左右に隣の店が密着していると、
視線クギヅケ度はゼロなんだなぁ、ボクの場合。
角のそば屋フェチ、とでも言うのかな?
角の奥からダシの香りが風に運ばれてきたりすると、
とたんに物語が動きだしそうで、そわそわしちゃうのです。

味は問題にしてません、この場合。ただ見た目のみ。
角の立地が好きなんです。
どんな店でも角にあればいいってもんじゃなく、そば屋。
あとは、角が似合うのは八百屋さんかな?
賑やかな呼び込みの声がいつも響いているような元気な八百屋。
角のパン屋とか、角の酒屋、角の本屋ってのもいいんだけど、
そば屋を置いた時の景観のしまり具合には負けちゃうだろうなぁ。
大きな交差点なら角はガソリンスタンドやデパートのものだろうけど、
ご近所の角ってことになると、是非そば屋さんにいていただきたい。
あ、一軒構えじゃなくてもいいんですよ、ビルの一階でもね、角なら。
ほどほどに人がいる商店街でそんな店があると本当に寄りたくなります。
お爺ちゃんやお婆ちゃんが散歩していたり、
夕方に子供の声が聞こえてくるような商店街だと最高です。
そんな商店街にはたいてい、近所さんたちが大切にしているネコがいてね。
そいつがまぁ偉そうで、そば屋の番猫になってたりしてるんです。
魚のダシがあれだけ香ってるんだから、きっとたまらんのでしょうね。
わかる、わかる。


ブログランキングに参加中です。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
▼ 万年筆で書きました | CM:2 | TB:0| edit
2009/05/25(Mon) 15:24  ビフォーアフター
ビフォーアフター
念願のゴールドコースト・バカンスもうやむやになり、
だったらキッチンでもリフォームしようかと…、
思いついたらエライことになってしまった。
工期は約1週間で、費用はゴールドコースト数回分。
キッチンに新車を1台入れるようなもんです。
あぁ、思いつかなきゃ良かった。
けど、やるとなったら納得のいくものしかいらないのです。
だから、まぁ、しかたないんだけどね。
来月下旬にはピカピカのキッチンの出来上がり。
その前に大掃除。めんどくせぇ…。

やれる時にやっておくのが一番だよ、
とか、そんな風に言い聞かせながら納得しようとしております。
実はね、二日とか三日とかでサッと出来ちゃうんだと思ってたんですよ。
あぁぁぁ、なんという認識の甘さ。世間知らずでした…。
キッチンを入れ替えるってのは、
その周辺丸ごとを見直さなくてはならないってことなんですね。
いやいや、確かにその通りなんです。勉強になりました。
ま、そんなわけでメーカーさんと打ち合わせを重ね、
来月にはいよいよ着工となります。

ん? 工期中はやはり家にいないとダメなんですよね?
ってことはやっぱり一週間は、仕事を始め出歩けないってことなんだよね?
そんなんだったらさぁ、行けたんじゃない、ゴールドコースト。
というツッコミは、もう勘弁して下さい。


ブログランキングに参加中です。
応援よろしくお願いします。
▼ 万年筆で書きました | CM:6 | TB:0| edit
2009/05/14(Thu) 19:39  やっぱ愛着ありますから
やっぱ愛着ありますから
携帯ストラップのヒモが切れそうになった。
さぁどうする? 普通なら新しいのに取り替えるよなぁ…。
と考えた結果、修理してみることにした。
で、向かったのは銀座「伊東屋」です。
受付で携帯を見せ「これ直したいんだけど…」と言うと、
受付嬢は軽くニコリと微笑んで「2階へどうぞ」ですよ。
実にあっさりと修理受付完了。
およそ二週間で戻ってくるそうですよ、ラッキー!
戻ってきたら趣味まるだしのデザインをした
スワロフスキーを1個、キラリンとつけちゃおっと。

まるだしにする趣味は「競馬」っす。
どんなスワロフスキーをつけるかはお楽しみに、です。

切れそうになった携帯ストラップのヒモですが、
正確には「切れそう」ではなくて「むきだしになった」なんです。
ストラップと携帯をつなぐ黒い細い糸あるでしょ?
あれの黒く見える部分はヒモ本体のカバーのようなもので、
ヒモ本体は丈夫なナイロン(?)素材で出来ているんです。
今回はその黒い部分がすり切れて中のナイロン部分が見えてしまったので、
ちょっと気に入らないぞってことになったわけです。

修理ってしますか?
靴とか傘とか手帳とかバッグとか、そういった愛用品は、
一度でも修理すると愛着が倍増しますよね。
何度も何度も直したようなものに囲まれて暮らす。
それも「憧れライフスタイル」のひとつだったりします。
早く戻ってこないかなぁ。


ブログランキングに参加中です。
応援よろしくお願いします。
▼ 万年筆で書きました | CM:6 | TB:0| edit
2009/05/12(Tue) 10:03  師いわく…
師いわく…
「ここは思っているほど安全な場所ではありません。
 くれぐれも自分の身は自分で守るように!」
浅草寺境内。自由行動時間をむかえる生徒たちに、
二人並んだ先生たちは、こう叫んでいました。
当然といえば当然なんだけど、違和感も少々…。
自分の身を自分で守りながら暮らしている人が、
浅草というエリアだけでも数十万人もいて、
人々は笑顔あふれる生活を送っているのだ。
でもこう言われたら、その姿は見えにくくなるよなぁ。
修学旅行ってなんだろうね。

と、憂うワタクシではございますが、
自分の学生時代は、なぁ~~~んも考えておりませんでしたよ。
ただ、わけの判らないものに噛みつこうとしている背骨のないロック魂だけ。
そんな、つっかえ棒にもならないものを支えに生きてましたから。
だからね、う~~ん、やっぱり高校の修学旅行はあんまり覚えてないなぁ。
卒業式も出なかったくらいだし……。

それでも、出しどころのないエネルギーは全身に漲り、
無尽蔵に湧き上がってはボォーボォーと噴き出していたんだ。その実感はある。
それもいつの間にか小さなロウソクの火みたいになったけどね。
両手で大切に覆わないと消えてしまいそうなくらいですよ。
そんなちっぽけな量になっても生きていけるのが、智恵や経験なのかな???
と、こうして人は悩みと出会うのです。
その悩みを解決するため、または深めるためには、
旅に出るのが一番だと思う。
悩んでいる自分なんか馬鹿らしくなるほどに、
いろんな場所でいろんな人が暮らしていて、笑ったり泣いたりしてる。
で、たいていは悩みがあるなんて贅沢だって気づいて家路につくのですよ。


ブログランキングに参加中です。
応援よろしくお願いします。

▼ 万年筆で書きました | CM:2 | TB:0| edit
2009/05/06(Wed) 16:43  GWに椅子を磨く
GWに椅子を磨く
仕事が山積でGWは関係ないんだけど、このままじゃいかん!
なんかひとつくらい「これをやりました」って言えることを
と思い、愛用の仕事椅子を徹底的に手入れすることにした。
「アーロンチェア フル装備 Bサイズ」。
この相棒のおかげで長時間の作業も助けられていますし、
ひどい腰痛持ちにならないで済んでいるのだと感謝の気持ちで。
ぬるま湯で薄めた中性洗剤を使って布巾でフレームを磨き、
背もたれや座面のメッシュは掃除機を使ってホコリも残さず。
その後、なんとなく風通しのいい場所に置いて一休み(?)させ、
シートの高さやリクライニングの硬さや範囲など細かな再調整。
気分一新でこの一文を書いてます。さ、仕事仕事。

手入れするなんて思いついたものの、どうしていいか判らず、
保証書・取扱説明書なんかを引っ張り出しての一騒動でした。
保証書なんかを改めて読み返してみると、
シート面の高さを調整する「ガス圧シリンダー」の保証期間は2年だけど、
構造体や可動部など他の部分は12年も保証してくれるんですよ。
で、買った年を思い出して、あと5年は保証期間だと判ってニンマリ。
すごいぞ、すてきだぞ、アーロン君(名前はつけてませんけど)!

そうそう、こいつが届いた時は焦ったもんですよ。
まさか完成品の状態で届けられると思ってなかったから、
玄関開けた時のデカさといったら、まぁビックリしました。
ただでさえ、重く、がっしりした椅子が完成品のまま梱包されているので、
パッケージのインパクトは洗濯機か冷蔵庫です。
「あれ? なにかの間違いじゃ?」とワタクシの不安な視線に映ったのは、
プロの配送人が二人がかり、玄関先で「息ハァハァ」の姿ですよ。
でもその日以来、椅子に関しての悩みはすべて無くなりました。
アーロン君(そんな名前じゃないですけど)はすっかり家族です。


ブログランキングに参加中です。
応援よろしくお願いします。
▼ 万年筆で書きました | CM:2 | TB:0| edit
2009/05/04(Mon) 18:39  サンテ40i
サンテ40i
初めての目薬を買いに薬局へ行った。
若い女性の薬剤師さんが「売れてます」と「サンテFX」を
薦めてくれたのだが、刺激が強いってのがイヤだ。
すると「刺激がクセになるようですよ、織田裕二さんの
キターッ!の新製品なんです」と説明を続けてきた。
でもやっぱりイヤなので「来てもらわないヤツで」と告げてお返し。
で、薦められたのが「サンテ40i」です。
説明文を読んで「これ、中高年のって書いてあるよ」と言ってみると、
一応、遠慮がちに「失礼ですがお年は?」と聞いてくれた。
正直に年齢を答えると一瞬の沈黙……。
となるとこう続けるしかないよね「やっぱそうなっちゃいます?」

別に、ふざけてるわけじゃないんですよ、ほんと。
納得して使っていきますよ、「サンテ40i」を!
ところで、彼女が「織田裕二さんの…」って言ったけど、
もう「サンテFX」のCMキャラクターは別の方になってるんだよね。
でもいまだに「キターッ!」って言えば判ってしまう。
モノマネのチカラってスゴイよね。
織田さんサイドも快くモノマネされ続けたらいいのに…、ね。
ま、いいや。

え~っと、自分用の目薬を初めて買ったんですよ。
ショボショボしたり違和感を覚えるようになってね。
と書いてみて急に気になったよ「ショボショボ」が。
「ショボショボ」ってのは「雨が小雨的に降る様子」を表す言葉なのに、
「目がショボショボする」となると、原因は「目の乾燥」だっていう。
するって~と、目ってのは小雨程度のお湿りだとショボショボするのかい?
正常な状態ってのはザーザー降りな感じだってことなのかい?
な~んてからんでみちゃうあたりはまるでガキですね、
がっちり中高年なんですけど。
みなさんも、目、お大事に。


ブログランキングに参加中です。
応援よろしくお願いします。
▼ 万年筆で書きました | CM:0 | TB:0| edit
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。