万年筆で書く
日々見て、ふれて、感じたことを、ウソのつけない筆記具で。since 2007.Feb.
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2008/07/15(Tue) 19:35  T.K.G.


T.K.G. つまりね、「たまご、かけ、ごはん」ですよ。
365種類プラスαの「T.K.G.」を写真で紹介した本
「365日たまごかけごはんの本」というのを買ったら、
たまごかけごはんを「T.K.G.」と略してあって、ハマってます。
その中には、思わず身をのりだす垂涎の品から、
出来るだけ遠去かっていたい品まで多種多彩…。
あと、こんなのは自分だけしか食べないだろうと思っていた
「ごはんの上にみじん切りの枝豆、そこに卵をドン」という
夏のパワーメニューも紹介されていて驚いちゃったよ。
「ビーンズサンシャインT.K.G.」と命名されてましたけどね…。

手軽なたまごかけごはんの中でも、
基本中の基本の品をくくった「キソタマ」グループの中に、
「麺つゆT.K.G.」というのがあった。
ごはんに卵をポン、醤油の代わりに麺つゆをかけて食べる。
これが、この本を作った編集部での人気ナンバーワン(に近い)らしいです。
まぁ「キソタマ」に出ているものはどれも旨そうでしたけど。
が、この本は、たまごかけごはんでありながら、
手軽な和食という引力をぶっちぎってどこまでも飛んでいきます。
ごはんの上にオイルサーディンとサマーコンチーズをちらして卵、
そこにスイートチリソースをかけて食う「ソダチザカリT.K.G.」。
ごはんの上にザーサイのっけて卵、
それをポン酢とラー油をかけて食う「こ、こ、これはいけるT.K.G.」など、
一瞬たじろぐものもたくさん出ている。
果ては、コンビニ惣菜やスナック菓子、果物までがトッピングに…。
Oh、ジーザス…。
さすがにそのあたりになると作ってみようとは思わないけど、
眺めていると「これが好きな人がいるんだ…」と思えてくるのでスゴイ。
たまごかけごはんの懐は広いですね。
とまぁ、ここまで書いておいて野暮なんですけど、
かみなり屋はたまごかけごはんあまり食べません。
多分、年に10膳も食べないですね…。
牛丼も「ギョクなし派」ですし…。
……う~~~ん、生たまご好きじゃないのかな、ここまで書いたのに。


ブログランキングに参加中です。
応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト
▼ 万年筆で書きました | CM:3 | TB:0| edit

いやあ。 ---------- おなか屋 | URL 07/16 08:05 | edit
いやいや、しかし。
強力だなー。まいった感じです。
まずは、コンテンツよりも、このT.K.Gがつまったパッケージ商品の存在に。やられました。あっぱれ!
中身については、出直します。やっぱ、興味しんしんだし。
訪問に感謝。 ---------- かみなり屋 | URL 07/17 08:04 | edit
おなか屋さま
いらっしゃいませ。
あるんですよ、こんな本が。
文庫本サイズなので手に取りやすく、
ペラペラっとめくってしまったのが最後。
「これは買わなくっちゃ」とレジ直行でした。
ランドセル? ---------- おなか屋 | URL 07/17 10:33 | edit
T.K.Gに関して、基本しか知りません。
小学2年生レベル。卵、しょうゆ、ご飯の3元素にトッピングとして、味付け海苔、鰹節、わさび漬け、きゅうりの古漬け(Qちゃん風)で、お茶碗1杯中に、一口ごとに変化をつけてるだけです。トッピングがあるから、2年生。いかんせん、この土俵にはまだ上がれません。せめて中学生になって、万年筆を買ってもらってから、このオトナの本にとりかかります。
お恥ずかしい。
まだ、半ズボン。


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://kaminariya.blog95.fc2.com/tb.php/280-cb9f7f84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。