万年筆で書く
日々見て、ふれて、感じたことを、ウソのつけない筆記具で。since 2007.Feb.
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2007/03/23(Fri) 11:20  春はあけぼの、神楽坂は…。


フジテレビのドラマ「拝啓、父上様」が最終回を迎えた。
二宮君、梅宮さん、八千草さん、みんな素敵だった。
でも、神楽坂の風景も饒舌に映っていた。
石畳の裏道も、風情のある黒塀も、
表通りも、アグネスホテルも、毘沙門天さまも、
どのシーンも表情豊かで風格のある役者のようだった。
地元の人間としてご案内させていただけるなら、
お堀にある「カナルカフェ」は夕暮れが素晴らしく、
神楽坂という街は雨でぬれた日が一番いい。

ドラマの影響で連日多くの人が街あるきを楽しんでます。
ちょっとした観光地になってしまいました。
静かに歩いてみたいなら、もうしばらくお待ち下さい。
そして雨の日に、ぜひ。


ブログランキングに参加中です。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
▼ 万年筆で書きました | CM:12 | TB:1| edit

---------- elsur | URL 03/23 12:59 | edit
拙ブログ「Fragments」に遊びに来てくださって有り難うございました。
わたしは普段万年筆を使う機会が全くないのですが、かみなり屋さんが書いておられる文字の柔らかさとブルーブラックのインクの色がすごくまろやかな感じで素敵だなと思います。
先日ニュースで(関西ローカルですが)百貨店で万年筆のフェアがあって、プロのインクブレンダーの方がお客さんの注文通りの色のインクをブレンドされている様子をみて、そしてお客さんが「この色が欲しかったんです!」と喜んでおられるのを見て、こういうことが可能なのは万年筆だけだなぁ、と感心していたところでした。文字を書くのが好きなので、わたしも家の万年筆を引っ張り出してこようかしら。
訪問に感謝。 ---------- かみなり屋 | URL 03/23 14:39 | edit
elsur様
うれしいコメントありがとうございます。
インクのブレンダーさんって素敵ですよね。実演を見るとなおさらです。
いつか自分のイメージする色を頼んでみたいとは思ってるんですがなかなか…。

また「Fragments」にもお邪魔します。
万年筆、ぜひ引っ張りだして下さい。
コメント、ありがとうございました。 ---------- 都羽子 | URL 03/23 21:32 | edit
山吹色きなこ庵の都羽子です。

神楽坂にお住まいなんですね。
ドラマを見始めた時、あまりに味わいがある街並みでほんとにこんな素敵な街があるのだろうかと思いました。第1回目、一平が時夫を探して細い路地をはしりまわるシーンがありましたが、今度、東京に行った時はあんなところを歩いてみたいです。。。(迷惑かな・・・笑)
あと、なんといってもナオミがリンゴを落としてしまう「坂下」の裏口の階段。素敵でした。そして、「カナルカフェ」。おすすめは夕方ですね。きっときっと行かせてもらいます。
楽しみがまたひとつ増えました。
今後ともよろしくお願いします。。。(^^)
訪問に感謝。 ---------- かみなり屋 | URL 03/23 23:34 | edit
都羽子様
いらっしゃいませ。
そしてTBまでありがとうございます。
「カナルカフェ」のおすすめは夕方。
夜になるとカップルが大量繁殖して邪魔。
そんな感じです。
そちらのブログも熱いですね、
都羽子さんの気合が伝わってきました。
また遊びに行かせてもらいます。
こんばんは! ---------- fuw | URL 03/23 23:34 | edit
さっそく遊びに来させていただきました。
万年筆って、いいですねぇ~♪

カナル・カフェ、是非とも行きたいと思います。
アグネスホテルにも行きたいわぁ~^^
訪問に感謝。 ---------- かみなり屋 | URL 03/23 23:45 | edit
fuw様
いらっしゃいませ。
いまはブームになってるのでどこも混んでます。
熱気がおさまった頃にどうぞ。
アグネスホテルはいいですよ。
眺めるなら明かりが灯り始めるころですね。
スモールホテルの粋が街の夜ににじむんです。
タイミング良ければ加賀まり子さんに出会えるかも?
遊びに来ました。 ---------- ぼん | URL 03/24 02:22 | edit
こんばんは。このたびはワタシのブログに
コメントいただきありがとうございました。

この万年筆で書いた感じ、趣があって
とても癒されますね。最近は活字にしか
触れてなかったので、懐かしい気持ちになりました。とはいえ、
恥ずかしながら、万年筆というものを手にしたことがないので
自分も欲しくなりました。今度お店を覗いてみようかなあ。

神楽坂については、自分の所のブログで
コメントレスしてますので、
よかったらまた遊びに来てください。
訪問に感謝。 ---------- かみなり屋 | URL 03/24 15:59 | edit
ぼん様
いらっしゃいませ。
ぼん様のブログで書かれている神楽坂コメントも拝見しました。こういう雰囲気の街は東京でも少なくなってしまったので、東京人にとってもやはり特別な空気感がある街だと思われているようです。
またちょこちょこ遊びにいかせて下さいね。
こちらに来ました。 ---------- だいちゃん | URL 03/24 20:14 | edit
「ホームパーティの簡単アイディア」さんでコメント残してくださったのに
筆跡に引かれてこちらにお邪魔してしまいました。
「拝啓、父上様!」が終わって淋しくなりましたε-(ーдー)ハァ
神楽坂へは二度行ったことがありますがとても雰囲気のある素敵な町だと思います
万年筆で書かれたかみなり屋さんの文章はさらさらと読みやすいです
少し娘の書く文に似ています(あ、これは失礼ですね!)
それでは、また覗かせていただきますねヾ( ´ー`)ノ


訪問に感謝。 ---------- かみなり屋 | URL 03/25 09:13 | edit
だいちゃん様
いらっしゃいませ。
かみなり屋としては、終わって淋しいドラマって久しくなかったので、いまは虚無感が広がってます。
今日の東京は、ちょっと強烈すぎますが、雨です。神楽坂をはじめ、下町の谷中などが濡れていい感じになりますよ。こんな日に散歩。粋狂ですが、いいものはいいのです。
---------- Raider | URL 03/26 12:57 | edit
拝啓父上様で偶然たどり着きました。
私も最近万年筆を愛用しています。

素敵なブログ楽しみにしています。
訪問に感謝。 ---------- かみなり屋 | URL 03/27 16:35 | edit
Raider様
いらっしゃいませ。
「偶然」でもうれしいです。
万年筆好きな人が立ち寄ってくれると、
なんかみんな仲間のような気がしてきます。
またいつでもいらして下さい。


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://kaminariya.blog95.fc2.com/tb.php/34-30643fe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
拝啓、父上様・最終回
大女将・夢子(八千草薫さん)が千葉の施設に行くところから、号泣。泣きっぱなし。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。