万年筆で書く
日々見て、ふれて、感じたことを、ウソのつけない筆記具で。since 2007.Feb.
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2007/03/26(Mon) 09:48  卍の書き順。
20070326094658.jpg

「卍」。突然この文字を書いてみたくなった。
だけど、どう書いたら良いのか判らないので調べてみた。
「 ( 上記参照 ) 」だそうだ。
卍の意味は、仏の胸・手足や頭髪にあると言われる
右巻きの旋毛のことらしい。判ったようで、判らないな。
でも「吉祥のしるし」ではあるらしい。
ちなみに「和英辞書」でも調べてみたら、出てた。
「 a flyfot ; a swastika 」とありました。
う~ん、まぁ普通はあまり書かないですね、卍。

これを書いた後、ネットでさらに調べてみると、
「卍山下」さんという名字の方がいらっしゃることが判った。
「まんじまやした」とお読みするのでしょうか?
この人は、これまでたくさん書いてますね「卍」を。
さらにこれからも書いて行くんでしょうね「卍」を。


ブログランキングに参加中です。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
▼ 万年筆で書きました | CM:5 | TB:0| edit

---------- Raider | URL 03/26 17:48 | edit
卍に書き順があるとは勉強になりました。
子供の頃少林寺拳法の道場に通ってたのですが、少林寺拳法のシンボルは卍。
しかし世界にはまだこのシンボルがナチスのハーケンクロイツを思わせるということで世界進出に向けてよりグローバルなシンボルを使うという記事をどこかで読みました。

悲しい歴史によってそんなことがまだあるとは残念ですよね。
---------- わっち | URL 03/27 00:20 | edit
初めまして、先日コメントを頂きました「Simple Life」ブログの管理人わっち、です。
自身のブログログ上では、頂きました、コメントに、メッセージを付けさせていただきましたが、あらためて、Kaminariyaさんのブログ上にコメントさせていただきます。

味わい深い万年筆の文字に何とも言えない感覚を覚えます。
PCや、携帯の普及により、文字を書く機会が減った昨今、あらためて、書くことのすばらしさを考えさせられます。
よろしければ、これからも宜しくお願いいたします。
---------- みどり | URL 03/27 16:20 | edit
コメントありがとうございました。万年筆の手入れしてから、毎日持ち歩くようにしています。
卍の書順、わかりにくいですね。何の字書いてるかわからなくなりそう。でも、卍の入った名前はいいな。たとえば、みどり卍とか凹みどりなんて名前もすてきです。つのだ★ひろも、つのだ卍ひろ、にすれば和風になってさらにすてきです。
訪問に感謝。 ---------- かみなり屋 | URL 03/27 16:33 | edit
Raider様
少林寺拳法をやってたんですか。
少林寺拳法って、空手着のような道着と僧侶のような道着がありますよね?
あれはどっちを着てもいいんですか?

わっち様
いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。
日々の感じたことをこれからも書いていきます。
また遊びに来て下さい。

みどり様
いらっしゃいませ。
万年筆を一緒に楽しんでいきましょう。
それにしても「つのだ卍ひろ」最高。
かなり和風でイケてますね。
---------- Raider | URL 03/28 17:07 | edit
かみなり屋様

僧侶のような胴着は師範が演舞するときだけ
着ていたように思います。
なにしろ子供だったのでよくわかってませんでしたが・・


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://kaminariya.blog95.fc2.com/tb.php/39-8032900b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。