万年筆で書く
日々見て、ふれて、感じたことを、ウソのつけない筆記具で。since 2007.Feb.
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2010/05/31(Mon) 09:11  サムライの価値
サムライの価値
侍とは「貴人のそばに仕える人」で、後に武士を称し、
「仕えるものに命をかけられる者たち」の生き方となった。
サッカーW杯日本代表は「サムライブルー」と呼ばれている。
サムライである彼らははたして何に仕えているのか?
プライドのために一丸となれない軍は古来より敗走するだけだ。
でも、彼らに日本を背負わせる我々も偉そうなことは言えない。
思いつきの決意を「命がけでやります」と平気で口にしてしまう。
なによりも重いはずのものがうすっぺらくて慨嘆するねぇ。
サムライの価値、命の価値が実に安っぽい時代なのだ。
武士の「士」、この文字もサムライと読む。意味は大人の男。
口だけのガキが名乗っていいものではないのだよ。

このところ自身や周辺で目に付くようになった
「やると言ったことをやらないで平気でいる問題」と、
最近のサッカーW杯日本代表の姿が重なって見えてしまうのです。
約束したことを頭の隅に投げうっておいて知らんぷりを決め込んでいる皆様、
そろそろ襟を正した方がいいのではないでしょうか。
ワタクシも努力いたします。

ところで、やたらと便利に使われるようになった「サムライ」ですが、
侍を「サムライ」やら「SAMURAI」などとポップにしか表記しないのなら、
もうこの文字は使用禁止にすべきではないかと乱暴に思っています。
これ以上「侍のおちゃらけ化」を許してしまったら、
人の命の価値はますます下がっていくように感じられるのです。
それでも1万人に1人、数万人に1人くらいはこの時代にもいるでしょう。
すべてをかけて物事を完遂する偉人が。
そういう本物の方にだけ贈る言葉にすればいいのに。
命がけとはそういうものなのではないかな。

ただ、命もかけないし一所懸命に生きないという人もそれでよし。
そういう人間だって生きていていいのです。
だから命は、人生は素晴らしいのです、とも思っていますよ。
が、せめて今日くらいは侍でいたいものだな。

スポンサーサイト
▼ 万年筆で書きました | CM:0 | TB:0| edit


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://kaminariya.blog95.fc2.com/tb.php/445-d008ca56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。