万年筆で書く
日々見て、ふれて、感じたことを、ウソのつけない筆記具で。since 2007.Feb.
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2011/03/18(Fri) 14:17  七日すぎて
七日すぎて
ぼくらがこぼす言葉とため息は
水蒸気になって消えるばかり
問いかけだけが重く足元に落ちる
松明かかえた黒マントが
ひとつずつ火を灯すと
風ぐるまが浮かんで回る
逃げ水の先には夜の森と長い桟橋
途切れることのない風の行列
空を往く船は
まだ乗船階段を引き上げようとしない
スポンサーサイト
▼ 万年筆で書きました | CM:5 | TB:0| edit

---------- tenra77 | URL 03/18 20:46 | edit
もう、十分でしょ?
早く乗船階段をあげてください・・・・。
悲しいです ---------- riri | URL 03/18 21:58 | edit
空を往く船に定員オーバーはないのでしょうか?
句点が打たれていないことで
悲しみを深さがズシンとのしかかってきます。
どうか、一秒でも早く終わりが来ますように。。。。。。。。
訪問に感謝。 ---------- かみなり屋 | URL 03/19 07:25 | edit
tenra77様
いらっしゃいませ。
ツイッターでの細かい震災情報投稿もありがとうございます。
コメントありがとうございました。

riri様
いらっしゃいませ。
すでに定員オーバーだと気づいて欲しいものです…。
---------- sea | URL 03/24 12:28 | edit
はじめまして。twitterからきました。
本当に早く階段が上がっていきますように・・・
訪問に感謝。 ---------- かみなり屋 | URL 03/25 07:56 | edit
sea様
いらっしゃいませ。
コメントありがとうございます。
本当に早く上げて欲しいですね。
その後見送るのもつらいですけど。


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://kaminariya.blog95.fc2.com/tb.php/543-35c0c4e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。