万年筆で書く
日々見て、ふれて、感じたことを、ウソのつけない筆記具で。since 2007.Feb.
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2011/06/28(Tue) 22:34  見えすぎちゃってこまる
見えすぎちゃってこまる
ボクはね、ずっと信じていたんですよ。
どこかの砂漠には、
常に砂嵐が渦巻いている「バベルの塔」があって、
ヒマラヤ山脈のどこかには、
氷にとじこめられたデーモンがいる。
そしてどこかの巨大な縦穴洞窟は、
地球内部の空洞入口でUFOの基地があると……。
でもないんだなぁ、そういう景色が……。
グーグルアースって良し悪しだねぇ。
地球がせま~~~くなっちゃったよ。

今さらですが、
昭和生まれのオヤジはビックリするわけですよグーグルアースには。
この2年くらい、時間があるとこいつでもって世界を見て歩いたんだけど、
やっぱりどう探しても少年の頃にワクワクした
トワイライトゾーンな神秘世界は見つけられなかった。

「世界中を隅から隅まで縦にも横にも何周も回ってきたんだ。
 空も海も大地も砂漠も全部だ。
 目を閉じるだけで政府発行の世界マップよりも鮮明に思い出せちまうくらいだ。
 そんなオレ様がお前たちに一言だけアドバイスしてやる。
 お前らの探そうとしてる場所なんてものは、この星のどこにも存在しない!」

以前、こんなセリフを台本に書いたことがあるが、まさにそんな気分ですね。
頭では判っていても「いや、どこかにきっと」なんていう、
まだ見ぬ世界への憧れっつ~か逃げ道っつ~か、
そういうものは心の中に残しておきたかったんだけどなぁ。
世界中の地表を閲覧できるようになるとそれも無理。
昭和のオヤジは落ち込んじゃうわけですよ、
「あぁ、もう甘えたことは言ってらんねぇんだなぁ」と。

ま、「見えすぎちゃってこまる」なんてタイトルつけてニンマリしてるのも
かなり昭和なオヤジって証拠だけどね。
スポンサーサイト
▼ 万年筆で書きました | CM:0 | TB:0| edit


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://kaminariya.blog95.fc2.com/tb.php/567-2872ef36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。