万年筆で書く
日々見て、ふれて、感じたことを、ウソのつけない筆記具で。since 2007.Feb.
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2011/08/24(Wed) 22:52  ツメキリチョッキン
ツメキリチョッキン
文章ってホントに生き物みたいなのです。
タネを思いついてから生まれるまではとても苦しく、
産まれ落ちるとあとは終わりに向かっていくだけ。
スラスラとではなく、どっちかっていうとジリジリ増えていく。
そして勢いよく駆け出したかと思うとすぐ壁にぶつかり、
目をはなした隙にあらぬところを膨らませていたりする。
その膨らみは「無知」だったり「過剰な自意識」だったり、
「間抜けな陶酔」だったりして、赤面することばかり。
だからそこは、ツメキリチョッキン。
チョッキンと切り離して、ポイッと捨ててしまうのです。
せっかく生まれてきたってのに、ゴメンね。

切り捨ててしまった部分もボクなんです。
それはもう、まぎれもなく。
スポンサーサイト
▼ 万年筆で書きました | CM:2 | TB:0| edit

ツメキリチョキン ---------- こみたん。 | URL 08/25 12:37 | edit
下手の横好きで文章を書くのは子供の頃から好きだった私は、無学なので進歩も何もありませんが、地元の新聞のエッセイ募集などに挑戦したりしました。でもことごとく落選。一度だけ心にしみる話・きょうだいで入選。60人余りの中に入り南日本新聞社から出版され書店に並んだ事があります。だからそのチョッキンの気持ち分かります。
訪問に感謝。 ---------- かみなり屋 | URL 08/29 17:57 | edit
こみたん。様
いらっしゃいませ。
入選、素晴らしいじゃないですか。
時間ができたらまた挑戦してみては?
書かないことには思いは伝わらないですし。


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://kaminariya.blog95.fc2.com/tb.php/592-6766e50f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。