万年筆で書く
日々見て、ふれて、感じたことを、ウソのつけない筆記具で。since 2007.Feb.
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2011/10/21(Fri) 13:54  ここでいいです
ここでいいです
仕事の昼休憩でメシを食っていると、
コンビニから帰ってきた若いスタッフが少し離れて座った。
「いえ、自分はここでいいです」という彼の様子を見ると、
コンビニおでんを容器の中でザクザクとつぶし、
そこにパックのごはんを入れて食べはじめたのだ。
なんと粗野なメシなんだ……。
でもわかる!オレ、そのメシわかるよ、と心の中で拍手。
そして少し離れて座る理由もわかった。
粗野でもいいけど下卑たらダメなんだよな。
大勢でいる時に食うもんじゃねぇが、その心づかいはギリギリOK!
今夜は離れて座ってくれたキミの感性に乾杯だ!

コイツがさぁ、旨そうに食うんだよねぇ、これを。
おでん屋に行ってもシメは汁かけ飯にすることもあるオレとしては、
この「おでんぶっかけ粗野どんぶり」はとてもよくわかる。
でもさ、食っちゃだめだよ、みんなといる時は。
何事も粗野であってしかも下品なワタクシだってそのくらいは気づくぞ。
それともなにかい?
風当たりが強いギリギリセーフの急峻な尾根道を進む生き方なのかい?
そうだとしたらキミはかなりの上級者だな。
パワフルでかつ危なっかしいキミのことを魅力的に感じる女性も多いだろう。
いまこうしてキミの味方になってあげるから、
人生がそう転んだ時は何人か紹介して下さい。
スポンサーサイト
▼ 万年筆で書きました | CM:0 | TB:0| edit


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://kaminariya.blog95.fc2.com/tb.php/604-f158bb45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。