万年筆で書く
日々見て、ふれて、感じたことを、ウソのつけない筆記具で。since 2007.Feb.
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2011/11/07(Mon) 10:34  少々のスパイス
少々のスパイス
昔は、制作する番組や諸々の仕事に
自分の色を残さないとイヤだったんです。
どうすれば自分の仕事として完成させられるか?
そんな青いことばかりを考えていたんだけど、
やっぱり素材本来が持っている「力」を超えられなかった。
そこで、素材そのものを表現すればいいんだと思い知った。
制作者は味ではなく、出しゃばらないほんの少しのスパイス。
仕事が自分の手につくようになったのはそれから…。
これ、現場から消えるのがあまりにも早過ぎるとか、
オンエアをチェックしないとかの言い訳じゃぁないよ。
まぁ、ないとは言わないけど…。

こういう気づきが最初からある人を天才というんでしょうね。
ものすごい数の仕事をこなしてやっとですもん。
我欲を強めると味は濃くなって、なんとなく自分の色みたいなんだけど、
カドが立ってる仕事になっちゃうんだよね。
塩味がキツかったり、甘さがくどかったり。
やっぱり「調和」していることが一番なんです。
「調和が一番」……、ね、言葉にすればこんな簡単な一言なのに、
最初からここに気づくことができない。
あわれな凡人でございますことよ、ワタクシときたら。
それでもその凡人が小さな悟りを得るまでにこなしてきた
数々の仕事を任せていただいたクライアントの皆様方には大感謝です。

皆様のおかげで、
仕事が終わったらスタジオや局でダラダラしないとか、
オンエアの時間には酒場で過ごすといった
身のこなしの軽い薄味のスタイルを手に入れることが出来ました。
一部には不評であるとは存じますが、本当に感謝でございます。

だから、
思い入れが強くて時期尚早だとお蔵入りさせていたアレコレを引っぱり出し、
かるく埃をはたいて、仕事にしていく頃かなとも思うようになりました。
今なら少しできるかも知れません。
スポンサーサイト
▼ 万年筆で書きました | CM:2 | TB:0| edit

---------- 里中 | URL 11/24 11:43 | edit
今仕事について悶々としていたことろだったので、とても心にしみました。
『出しゃばらないほんの少しのスパイス』という言葉、大切にさせていただきます!
ありがとうございます。
訪問に感謝。 ---------- かみなり屋 | URL 12/13 09:42 | edit
里中様
いらっしゃいませ、コメントありがとうございます。
かく言うワタクシではありますが、
いまだに「悶々」としていますよ。


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://kaminariya.blog95.fc2.com/tb.php/606-4fdd8aaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。