万年筆で書く
日々見て、ふれて、感じたことを、ウソのつけない筆記具で。since 2007.Feb.
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2011/12/13(Tue) 09:39  そういう意味では……
そういう意味では
なにかの不利やマイナスな話をしながら
「そういう意味では……」と続けて会話の視点を変える。
この先には「文脈上、それとこれは繋がるのか?」と
疑問に感じる一見プラス要素的な言葉が続く。
だからずっと「そういう意味では……」が好きではなかった。
みっともない言い訳を呼び込む安易な呪文だと思って。
しかし、今年その思いは変化してきている。
震災後、特に多く耳にするようになり、
自分も気づかずに口にしているかも知れない。
やはりボクらは、無理にでも前向きな言葉を口にしたいのだ。
そういう意味では、キライとばかりは言ってられない。

清水寺恒例の、2011年を表す漢字一文字は「絆」だそうで。
う~ん……、という気持ちです。
「絆」というのは「つながり」を表す文字の中でもかなり強いもので、
よほどの事がない限りは、使うことが相応しくない言葉です。
しかし、今年はそれに足るだけの出来事があり、
多くの人がそうした気持ちになったのは事実でしょう。
でもほとんどの人は「つながり」程度のつながりではないのかな。
「絆」を持ち出すにはほど遠いように見えるわけです。

でも「一度会えばもう友達ぃ、ご飯食べたら親友ぅ」と、
イタズラ書きのようなメイクで言い切ってしまう若者もいる以上、
あちこっちに「絆」のロープが伸びていても仕方ないのかな?

「絆」の価値が下がりかけているいま、
「絆」より強い「つながり」をこれからどう使えばいいのか、
「チョー絆」とか「ギガ絆」とか言って笑えたのもずいぶん昔だしね。
言葉の持つ意味の奥行きはこうして変わっていくんだな、
と感じておりますよ。
スポンサーサイト
▼ 万年筆で書きました | CM:2 | TB:0| edit

---------- 次元大吉(酌位・お酌) | URL 12/21 22:34 | edit
言葉の持つ意味さえ変化させてしまう程、今年という年は大きな年だったのだと思います。「絆」より深い繫がりを表わす言葉。
難しいですね。自分的には、とりあえず緩く、それでいて、何気に心地よい繫がりを「酌」と言っておきたいと思います。師匠良い年の瀬を!
訪問に感謝。 ---------- かみなり屋 | URL 12/31 15:35 | edit
次元大吉(酌位・お酌)様
いらっしゃいませ。
そうだね、ボクらの今年には「酌」もあるんだった。
今日の幸せに乾杯。


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://kaminariya.blog95.fc2.com/tb.php/609-c145600e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。