万年筆で書く
日々見て、ふれて、感じたことを、ウソのつけない筆記具で。since 2007.Feb.
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2012/01/24(Tue) 09:57  あの引退した関西芸人は好きじゃないけど…
あの引退した関西芸人は好きじゃないけど
昔、ある人気バンドのメンバーが不祥事を起こした。
その事後処理のため一緒に各所を回ったプロデューサーが、
「バンドなんかやってる連中なんだから仕方ないけど、
こんなことに時間をとられるのはたまらないよな」と言った。
その時、うなずきながら思い出したのはある芸人さんの言葉。
「芸人なんてやってるんだから野垂れ死んでいいんだよ」
ただ、売れてきた人には発言力の強さがあるのだから、
「まとも」な人格が必要だろう、という意見も判る。
でもやっぱり、バンドの連中や芸人にまともを求めちゃいかんよ。
どこかで「あんな連中なんだから」と思うくらいで丁度いい。
本人たちだって息苦しいんじゃねぇかな。

彼らは、
テレビなど目につくところで「まとも」っぽいことを発言するから
ボクらは勘違いしがちだけど、このくらいで丁度いいでしょ。
そもそも賢人なんてのは時代の中のひとつかみくらいしかいないだろう。
だから、期待しないでいればいいんだよ。
楽しむ側の視聴者も、彼らを起用する制作者も、
リスクを恐れてばかりいるスポンサーも。
みんな彼ら「あんな連中」に対して、
「どうかまともな言動をしてくれ」とプレッシャーをかけ、
そうやって乗せられた彼らが真に受けて起こした言動を見て、
「あぁ、あの人はしっかりしてる人だ」とダマされたり、
それははじめ「お約束」だったはずなのに、
いつの間にか常識という現実になっていく。
なんともバカバカしい。

芸人に限らず、芸術家や役者などもそうだ。
彼らの日常や思考は「あんな連中」と呼べるものであっていい。
ただひたすら彼ら自身の成果でのみ評価されればいいのだ。
「まとも」である必要なんかない。
脱線が過ぎれば、そこには法律が待っていることは承知の上だろう。
それでも自己完結のために法のラインを越えていくヤツは越えていく連中だ。
それが「まとも」なはずがない。
まぁ、「まとも」って何だ?ってこともとても難しい定義なんだけどね。
スポンサーサイト
▼ 万年筆で書きました | CM:0 | TB:0| edit


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://kaminariya.blog95.fc2.com/tb.php/616-1fce535b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。