万年筆で書く
日々見て、ふれて、感じたことを、ウソのつけない筆記具で。since 2007.Feb.
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2012/02/14(Tue) 10:16  料理するカメラ
料理するカメラ
新鮮な素材、そのものの価値を見極める。
焼く・揚げる・蒸す・生など、
素材の持ち味をどうやって引き出すか、という技法。
そして、味の濃淡を決定する。
料理のこうしたポイントはデジタルカメラに似ている。
ホワイトバランスとISO感度と露出の関係が、
素材と調理法と味つけを想起させないだろうか?
さらに言うと、構図は盛り付けだ。
画面の切り取り方ひとつで料理も味わいが変わる。
だから、納得のいく一枚を撮影できない自分に、
納得のいく一品が作れないのも頷けるのである。
スポンサーサイト
▼ 万年筆で書きました | CM:0 | TB:0| edit


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://kaminariya.blog95.fc2.com/tb.php/619-4d71c886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。