万年筆で書く
日々見て、ふれて、感じたことを、ウソのつけない筆記具で。since 2007.Feb.
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2012/04/18(Wed) 10:09  アイロンの思い出
アイロンの思い出
業界にまだ片足しか踏みこんでいない駆けだし小僧の頃、
某人気ワイドショーで放送される生コマーシャルの担当になった。
始発でテレビ局に向かい、ボーッとしながら生CMの舞台を作る。
商品カットの台にアイロンがけした布を敷き、商品を並べる。
そんな毎日のある日、担当のCMの直前のコーナーで、
苛酷な障害を負いながらも懸命に生きる少年が取りあげられた。
その直向きな姿にスタジオ内はただ静まりかえる。
そしてコーナーが終わり、いよいよ60秒の生CM……。
ところがCMを伝えるはずのタレントが嗚咽してしまって声が出ない。
結局ほとんど喋れないまま、最後の商品カットになってしまった。
「アイロンきちんとかけなきゃな」あの朝、ボクは少しだけ前向きになった。
スポンサーサイト
▼ 万年筆で書きました | CM:0 | TB:0| edit


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://kaminariya.blog95.fc2.com/tb.php/637-f5defb92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。