万年筆で書く
日々見て、ふれて、感じたことを、ウソのつけない筆記具で。since 2007.Feb.
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | | edit
2013/07/07(Sun) 12:57  煮込みとポテサラ
煮込みとポテサラ
ふらりと店に入ってきて、好きな席にサッと座り、
「ホッピーと牛すじ、あとポテサラ」
悩むことなくこう注文するお客様はちょいと緊張する。
お客様の中でひとつの物語が始まっているからです。
その店の看板メニューと、単純だけど店によってはっきりと個性の差が出る品。
その店の立ち位置を感じるにはこの注文はベストではないか、
そう思うからです。
そして納得してもらえれば三品目の注文が来る。
その後の注文は好みによって皆さんバラバラです。
ここでボクは少しホッとするんだけど、まだ気は抜けない。
お客様はすでに物語の第二幕に立っているのです。

自分も初めての店ではこう注文することが多いです。
看板メニューと個性の違いが出る品。
そして「本日のおすすめ」があればその中からも一品。
それらを肴に2〜3杯飲めば、およそ小一時間だ。
店員の仕事ぶりや常連客の様子もしっかりと感じ取ることができる。

この「観察」は初訪問の時じゃないと出来ない楽しみでもあります。
2度目以降の訪問だと、
すでに第一印象を持っているので自分の感覚が邪魔をする。
だから、飛び込み初訪問の時がいい。
そうやって酒場を楽しんでいたので、
お客様をお迎えする側になった今は少しドキドキしちゃうのです。


新宿三丁目 煮込み酒場『カミナリヤ』
http://www.yama.ne.jp/kaname/shoukai/201303/kaminariya/

「土曜日は昼酒」というスタイルも始めました。
月に1度、または2ヶ月に1度くらいは店をお休みしますが、
土曜日は昼12時開店です。
夏ですから、ビールでもやりにお立ち寄り下さい。
スポンサーサイト
▼ 万年筆で書きました | CM:0 | TB:0| edit


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://kaminariya.blog95.fc2.com/tb.php/668-9b4b9cee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。