FC2ブログ
万年筆で書く
日々見て、ふれて、感じたことを、ウソのつけない筆記具で。since 2007.Feb.
2018/02/22(Thu) 12:02  偶偶の偶然に奇跡を見る。
偶偶の偶然に奇跡を見る。
【この投稿は、「雷屋」の文章を「白雨」が清書しました。】

●2018年2月22日(木曜)
「万年筆で書いてもらう その5」

偶偶の偶然に奇跡を見る。

手のひらにサイコロをいくつか乗せて投げる。
出た目が全て揃おうが連続したものになろうが
それは偶然の結果であり、
その結果が出る確率は計算できるものだ。
しかし人間はそんな偶然にも奇跡や運命を見つける。
ある偶然に大それた意味をつけてしまうのは
人間の面白さなのか弱さなのかは判らないが
すぐにそこへ結びつけてしまうのは疑問だ。
起こりえない結果が出たわけでもなく
起きるべきことを目撃しただけなのに。

ここ数年、オレの周辺には
偶然に都合のいい理由をまとわせる人が増えている。
「……こんなことがあってさ、これはもう偶然じゃないよ」と。
瞳をキラキラとさせて訴えてくるのだが
どう考えてもそれは偶然だろうと思うのだ。
こういう方々に共通するのは奇跡のストライクゾーンの広さだ。
ここで一言申し上げておきますが
オレは宇宙に生命が誕生したことすら偶然だと思っている。
その確率が限りなくゼロに近かろうが
ゼロでない限りは起こっても不思議のないことだ。
まぁだからといって
「神はいない」と声高に叫ぶつもりもないけどさ。
そもそも「偶然の価値」をもう少し高く見積もったらどうだろう。
皆さんが軽々しく「奇跡」と口にしているような現象は
「聞いてよ、すごい偶然が起きたんだよ」でいいでしょう。
「奇跡」なんて言葉を軽々しく使っていると
宗教やスピリチュアルな世界の信奉者につけこまれるよ。
事を大きく考えすぎてしまうのはほどほどにね。
スポンサーサイト
万年筆で書いてもらいました | CM:0 | TB:0| edit


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://kaminariya.blog95.fc2.com/tb.php/709-f26ec273
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)